北海道日高高等学校の写真授業

まさか高校生に写真を教えることになろうとは!
部活動ではありません。単位のひとつとして習得してもらうために年間15回ほど講義や実習をしています。弁当持って一日の撮影ツアーにも出ます。2014年春にスタート。多くの失敗(ごめん!)と地道な成果を重ねながら、3年やってようやく何を目標に、何を教えたらいいのか 方向性が見えてきた感があります。

2017年度は生徒10人。カメラはみんなCanonやNikonの一眼レフ。絞りやシャッタースピード、光の読み方などは「技術の引き出し」と称して全部やります。いきなり全部駆使できなくてもいいんです。成功事例を重ねながら、卒業するころにはみんな自分の得意な表現方法を見つけています。それに加えて、何を表現するのか、伝えたいことはなにか、心のあり様、写真というメディアの特性もやります。
今年、高文連に初参加。苫小牧支部大会で入選3人、奨励賞3人。この6人が全道大会に行き、全道で入選1人。盛り上がりました!

北海道日高高等学校は夜間定時制で修業年限は4年となっていますが、日高町教育委員会が主催する「産業学習」への参加が学校外単位になって3年で卒業できます。
産業学習のなかに「キャリアデザインコース写真・自然クラス」があって、私はこのクラスの生徒さんたちに教えています。教えているというより、一緒に並んで考え、学んでいるというのが正しいかも知れない。写真とはなにか、伝えるとはなにか。