-15℃の朝。風除室の窓を氷の模様が埋めつくしていた。玄関からもれ出た湿気が冷えた窓に付着してできるのだろうが、氷は生きた樹や葉のようであり、細胞のようでもあった。