エゾシカといる時間

カテゴリー

野鳥を記録する仕事中、エゾシカの親子が河畔林から出てきて草を食み始めた。じっと見ると耳を立てたり体を硬直させて、いかにも警戒してます、というふうになるが、私が目をそらせて適当に何かしていると、すぐそこで草を食っている。
子鹿が時々まっすぐ私の方へ歩いて来てこちらを見る。見終わるとピョンピョン飛びながら親の元へ帰る。
子の遠慮のない好奇心、親の警戒心やいたわりが人とまるで同じに思えた。しばし時が止まったみたいな気がした。

RSS 過去ブログ
  • ブログを引っ越しします 2017年10月3日
    ウェブサイトの再構築と引っ越しにともない、ブログは新サイトにて新たな記事を掲載していきます。新サイトはこちらで […]
  • ブログの掲載場所を引っ越しします。 2017年8月1日
    ウェブサイトの再構築と引っ越しにともない、ブログは新サイトにて新たな記事を掲載していきます。新サイトはこちらで […]
  • アマガエル 2017年7月16日
    田んぼのわきで鳥の調査をしながら、日陰の草っぱらに目をやるとアマガエルがたくさん。みんな小さめで、この春に産ま […]
  • 2017年6月21日
    朝4時40分。猛禽類を調査するため早起きして現場に行くと、草むらに朝日が差してきた。定時制高校で年間15回ほど […]
  • ヒグマの森 2017年5月29日
    ここを通るだろうな、とおもって仕掛けた自動撮影カメラにヒグマが写る。自分がそこにいたなら決して撮れない距離とア […]