ヒグマの獣道をたどると、トドマツの荒れた造林地に出た。不思議な静けさが漂っていた。